ウワミズザクラ(上溝桜)は桜?

ビーグル号の航海日誌 2010年05月18日 00:41

IMGP7803.JPG赤城自然園に行く途中、関越道を走行中の車窓から風に揺れるウワミズザクラかイヌザクラの花が満開な景観にをやり過ごした。
ウワミズザクラ(上溝桜、学名:Prunus grayana Maxim.)はバラ科サクラ属の落葉高木で日本固有種であって、北海道道南、本州、四国、九州の丘陵から山地と六甲山系に分布する。[写真@赤城自然園]
花は総状花序で枝先につくため一見桜とは思えないが、花を個別に観察すると、花弁は5弁、中央の黄緑色の花柱は蜜が多く多数の長い雄蕊が囲むこと、葉の基部に蜜腺があること、からバラ科サクラ属の特徴が見てとれる。

関連記事(咲き始めた桜)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



タグ:日本固有種
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38213549
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ