ヒカゲツツジは淡黄色

ビーグル号の航海日誌 2010年04月29日 11:20

IMG_8587.JPG今赤城自然園の森ではツツジの仲間が花盛りです。
ツツジの仲間にはシャクナゲやツツジが含まれ、多くの種類の花や珍しい花を楽しむことができます。
ヒカゲツツジ(日陰躑躅、学名:Rhododendron keiskei var. keiskei)はツツジ科ツツジ属の落葉低木。関東以西、九州の屋久島まで分布し、山地の沢沿いの岩場などに自生しているそうですが出逢うことは稀です。
花は淡黄色で透明感がありアケボノツツジやアカヤシオなどと同じように雲霧の中で出逢うと朦朧(もうろう)としていてとっても心が癒されますよ。

5月15日にエコカフェでは打合せのため赤城自然園を訪ねます。


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37444430
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ