小笠原の景色、ノヤギ

⇒エコツアー 2010年03月09日 23:50

IMG_3077.JPG
小笠原父島では、まだまだ野生化したヤギがいたるところでみることができます。
以外に近くまで寄ることもでき、写真も楽にとれることも。
ヤギに、植物は食べられ赤土の地面があらわれているところも多くみられ、危機感を感じずにはいられません。
実際にみなさんに小笠原の自然と外来種の危機を感じてほしいですね。

◎小笠原諸島の父島の傘山(標高:280m)の山麓で見たノヤギたち[2010年5月7日撮影:小笠原エコツアー「ケータ島沖(聟島列島)と小笠原固有植物の森をめぐる旅」@十川雅彦]100507ノヤギ2@エコカフェ.JPG100507ノヤギ@エコカフェ.JPG

かなりの数が生息してそうです。貪欲です。

 2012.12.10追記



◎父島北袋沢の常世の滝向かいの断崖で食事をするノヤギ[2014年4月28日撮影::未開の森と南島をめぐる父島満喫の旅@山崎]
140428対岸のノヤギ@エコカフェ.JPG140428対岸のノヤギ拡大@エコカフェ .JPG
今回は夜明け道路脇でも親子のノヤギを見かけました。松原さんの話でもまだまだかなりの頭数が生息しているようです。

 2014.5.5追記

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36208984
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ