江戸彼岸桜も思わず

ビーグル号の航海日誌 2010年01月21日 07:35

01200003.jpg東京は昨日は春先のようで暖かく、今日も日中は暖かだが夜には再び寒さが戻るそうだ。陽気のせいだろうか、日枝神社の大鳥居の袂にあるサクラが開花していた。本来ならば彼岸の頃に咲く江戸彼岸桜(エドヒガンザクラ)だろうか。

日枝神社は古く江戸氏が祀った山王宮、江戸築城に合わせ太田道潅が鎮護の神として川越山王社を勧請。江戸城の裏鬼門に位置し、パワースポットともいわれているようだ。御祭神は大山咋神(オホヤマクイノカミ)で山王信仰に基づく比叡山麓の日吉大社の流れをくんでいる。国常立神(クニトコタチノカミ)、伊弉冉神(イザナギノカミ)、足仲彦尊(タラシナカツヒコノミコト)も祀られています。

皆さんも身近な自然の変化を楽しんでみてはいかがでしょうか。
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34863932
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ