日没前の猿沢池

ビーグル号の航海日誌 2009年12月18日 16:35

IMGP7047.JPG本当に寒いです。
猿沢池の水面が冷風に震えています。
この池は749(天平21)年に造られた人工池で、元は興福寺の「放生会」のための放生池だったそうです。
放生会とは万物の生命を慈しみ、捕らえられた生き物を野に放つ宗教儀式のことで、今でも毎年4月17日に鯉を放っているそうです。
この池には放たれたカメや淡水魚が棲息しているが中には外来種も多くいるようです。
そしてこの池には「澄まず濁らず、出ず入らず、蛙湧かず藻が生えず、魚七分に水三分」の七不思議があるそうです。
へーとしながらも本当に寒いです。

関連記事(元興寺にどうしても)⇒
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34293407
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ