島尻マングローブ林は

ビーグル号の航海日誌 2009年12月06日 12:32

091206}O[u.jpg島尻のマングローブ林は生き物たちの小さな楽園のようだ。
正ぼうこと奥浜正明さんが案内してくれた。このマングローブの原生林はヤエヤマヒルギが旺盛のようだ。成長の遅いオヒルギ、ヒルギダマシ、メヒルギは守勢に回っている。しかし遷移は確実であろう。20年前頃まで繁茂していたヒルギモドキは絶滅してしまったとのことだ。
マングローブの入江は地下からの湧水で維持され、干潟の生き物の多様性を維持し、入江の水が海に流れ沿岸の藻場を守ってもいる。
生命の循環が成立している。凄いことだ!


◎宮古島の島尻マングローブ林の案内看板[2010年10月11日撮影:宮古島エコツアー@阿部]島尻マングローブ林看板@エコカフェ.JPG

 マングローブ林は奥行き約1kmの入江に発達

 2012.6.16追記
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34042559
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ