山岳の雲上に日常を離れて

ビーグル号の航海日誌 2009年09月24日 06:30

09210002.jpgIMGP6584.JPGシルバーウィーク中に慌ただしく日常から離れてみた。
上高地から明神、徳沢園、横尾を経由して北アルプスの涸沢カールまで行った。
涸沢カールは前穂高岳、奥穂高岳、涸沢岳、北穂高岳などの3000m級の穂高連峰に囲まれた氷河が削った巨大なカールである。
向こうに見えるのが涸沢小屋、標高2300付近のカールには無数のカラフルなテントが散らばっている。
極寒の夜空に満天の星を眺めながらのテント泊であった。
途中、植物の観察もすることができたので別途報告しよう。
筋肉痛も心地よさに変わってくれるのが不思議だ。
さあ、今日から仕事だ!
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32364657
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ