ドングリと森のネズミ

ビーグル号の航海日誌 2009年09月20日 06:40

IMGP6484.JPG高尾山の南斜面の森には、落葉広葉樹の代表格であるコナラ、クヌギ、シラカシ、アラカシなどがよく残っています。
これらはドングリを実らせます。今年の実りは雨が多く日照も不足気味であまり良くないかもしれませんね。
そんなドングリは森に住むネズミたちが餌として運び、土の中に保存のため隠すそうです。
IMGP6532.JPGしかしながら、残念なことに彼らは忘れてしまうことも多いようです。
そんなドングリは条件が整えば、芽生えて新たな命を育むのです。
森のリスたちもドングリを食糧とし保存のため隠すといいますが、忘れてしまわないのでしょうか。
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32263523
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ