第10回排出量取引と生物多様性に関するワークショップ報告!

⇒排出量取引・・・ 2009年08月28日 08:15

080825rovr@002.JPG今週25日に第10回WSを開催しました。
KPMGあずさサステナビリティ株式会社の菅生直美さんから、「東京都環境確保条例に基づく『排出削減義務と排出量取引制度』の概要」と題してご講義いただきました。

2008年6月25日に東京都環境保護条例が改正され、@温室効果ガス排出量削減義務と排出量取引制度の導入、A中小規模事業所の地球温暖化対策推進制度の創設、B地域におけるエネルギーの有効利用に関する計画制度の創設、C建築物環境計画書制度の強化、D家庭用電気機器等に係るCO2削減対策の強化、小規模燃焼機器におけるCO2削減対策の強化(省エネボイラー等の普及拡大)、など定められている。
1点目の義務は、前年度の燃料、熱及び電気の使用量が、原油換算で年間1500kl以上の事業所に対し、2010年から課されることになる。かなり厳しい取り組み内容であって対象となる事業所は真剣な取り組みが要求される。


しかし、参加者の皆さんとの質疑や意見交換からもまだまだ課題も多いことが分かりました。皆さん、本当に熱心に参加されていました!
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31672030
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ