アカガシラカラスバトとの衝撃的な出会い!

⇒エコツアー 2008年12月31日 17:06

PC280134.JPG曇り空の小笠原。
風が吹くと少し寒いぐらいだ。
バイクで移動中、小笠原総合事務所の古澤さんに遭遇した。
声をかけたが、なぜかそっちのけ。
指をさされた先には、なんとアカガシラカラスバトがひょこひょこしている。
慌ててバイクのエンジンをきり、駆け寄るとバタバタと飛び去ってしまった。
まさに衝撃的な出会い!写真は、後日古澤さんよりいただいて皆さんにご紹介しますね!

では、来年もよろしくお願いします!
良いお年をお迎えください!
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
アカガシラカラスバトは、小笠原諸島にのみ生息し、生息環境が悪化しつつありその生息数が少なく貴重となってしまいました。
エコカフェの母島調査でも母島と父島を行き来していることが数年前に確認されたばかりです。
種の保存法の「国内希少野生動植物種」、文化財保護法の「天然記念物」 に指定され、環境省レッドデータブックでも絶滅危惧IA類に登録され、現在、保護増殖活動が本格的に取り組まれているようです。
かけがえのない自然を守るために。。。。。
カラスバトはその亜種が日本周辺の島嶼に生息していますが、オガサワラカラスバトとリュウキュウカラスバトはすでに絶滅してしまいました。
アカガシカラスバトは容姿スマートで瑠璃色の光沢がありとても美しいと聞きます。
ラッキーでしたね。
Posted by カラスバトの先祖 at 2008年12月31日 22:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24992629
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ