百聞は一見にしかず、百見は一行にしかず

⇒こどもたちと 2008年09月06日 21:10

067-2.JPG019-2.JPG036-2.JPG今日は「子ども自然体験プログラム」の第2回目を開催。

赤城自然園までの道中は時折小雨がぱらついていたが、着くとなんとか薄曇り空で天気はもってくれた。
森の中のコースは少ーし涼しさを感ずるが、森を外れると蒸し暑さに参加した大人も子どもも大粒の汗をぬぐうことになった。11時から2時間たっぷり自然に触れることができた。

・カツラの木の匂い、フジバカマの花の匂い
・花を蜜を求めて飛び交う虫たちの羽音、林内の小川のせせらぎの音
・コエゾゼミ、アブラゼミなどセミの合唱
・森を走る涼しい風
・大木の肌のぬくもり、小川の水のつめたさ
・ヤマボウシの小さな実の甘酸っぱさ
・秋の七草のフジバカマ、オミナエシの花々の咲く草原の美しさ


子どもたちはクワガタ、トンボ、チョウなどの虫、カナヘビとのスキンシップに無我夢中!次から次へとよく発見する!キノコもいろいろ危ないよ!歓喜の声や歌声も。。。。
素手で虫を捕まえたり、裸足になったり、木登りしたり、バーベキューのお手伝いも一所懸命!

虫さんさよなら。片場さん、エコカフェの皆さん一日ありがとう。また来るね。
次回は10月11日(土)です。

写真は左から、「この指とまれトンボさん」、「フジバカマの花とたくさんの虫たち」、「木登り大好き」
真ん中の写真には、何びきの虫が写っているでしょうか?

関連記事(8月31日)⇒


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(2) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
今日は空を飛ぶ夢をみました。
大空を飛ぶ夢です。
眩しい光の中をゆっくり左右上下に蛇行しながら進みます。
子供達の笑顔がいっぱいあるような。。。。
子供達の笑い声がいっぱいあるような。。。。
不思議な温かさに包まれて。。。。
視界が広がったところで目覚めました。
カーテンから朝日が漏れて部屋を一条照らしていました。
Posted by トノサマガエル at 2008年09月13日 17:32
感じること、気づくこと、強く想うこと
そんなことが当たり前にできる子供たちを育てることが大切です
当たり前は人びとが長い経験の中で培ってきたものです
日本には森や海や自然が当たり前に生活の中にあったのです
Posted by モリアオガエル at 2009年03月21日 09:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18945274
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ