チョッキンチョッキン、どこまでも

⇒こどもたちと 2008年08月31日 10:56

080830nCC`bLA.JPG080830nCC`bL.JPG森のコースの途中にはクヌギの小枝が落ちていた
いっぱいいっぱい落ちていた
昨夜のどしゃぶりのせいかしら

小枝はみんな小さなドングリつけている
青い青いドングリを

大木の下に落ちている
なんでこんないっぱい落ちている

どうやらハイイロチョッキリという虫さんのせいらしい
青いドングリに卵を産みつけて
チョッキンチョッキン、チョッキンな

赤ちゃんはドングリたべて大きくなると
早く落ちたドングリはリスさんたちには用がない
チョキンチョキン、チョキンな                           by 青山しゅん
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(2) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
来年の夏にはお前たちに出逢ってみたい!
この目でしっかりと姿をとらえてみたい!
Posted by トノサマガエル at 2008年10月22日 06:31
森にはいろんな変わり者がいるのですね。
どれもが子孫を残すためのみに懸命に工夫をしているのがすごいなと思いました。
Posted by シャクトリムシ at 2008年11月01日 06:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18614783
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ