フジバカマとコノシメトンボは仲良し、どこまでも

⇒こどもたちと 2008年08月31日 00:27

080830RmVg{.JPGどしゃぶりの雨上がり、特に多くのコノシメトンボが池やその周辺のあっちこっちでせわしく飛び回っていた。
ときおり羽を休めるが直ぐに飛来してしまう。
とにかく大忙しだ。

写真は秋の七草「フジバカマ」の花で束の間の休息をするコノシメトンボ

フジバカマは古く中国から日本に移入した植物、河川敷などによく見られたが河川改修、護岸工事などによりほとんど見られなくなった。
環境省RDBでは準絶滅危惧種に登録されている。
雨曇り雨
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(3) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
フジバカマ 生き生きしていますね。秋の七草です。
私も埼玉長瀞の七草寺巡りで会えました。
アップしてみました。
七草シリーズです。
Posted by 蝶明 at 2008年09月04日 09:14
蝶明さんのブログ拝見しました、素敵ですね。
この日は、私たちは、尾花(ススキ)、藤袴(フジバカマ)、女郎花(オミナエシ)、桔梗(キキョウ)を確認しました。
萩(ハギ)、葛(クズ)、撫子(ナデシコ)にも出逢いたいですね。
Posted by 事務局 at 2008年09月13日 00:32
園内は尾花は盛んでしたが、藤袴も女郎花の最後の気勢を堪えているようでした。
そんな中、アサギマダラ、アカタテハ、ヒョウモンチョウの仲間がたくさん、最後の午餐を楽しんでいました。
時折原っぱを走る風が強く、流されては舞い戻る姿に生きる逞しさをも感じました。
間もなく、このチョウの原っぱにも深い秋がやってくるんだと予感しつつ。。。。
Posted by トノサマガエル at 2008年10月12日 21:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18596172
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ