早池峰山登山と遠野で妖怪を探す旅のご案内

船長からのお知らせ 2016年07月18日 17:37

13606486_1101114166622460_54015651629962279_n[1].jpg早池峰山(1971m)は、日本で最も古い中世代の地質であり、氷河期の浸食に耐えた残丘の山です。「ヨーロッパアルプスのエーデルワイス(ウスユキソウ)よりも美しい」と言われるハヤチネウスユキソウが咲く早池峰山は「花の名山」として有名で、深田久弥の百名山にも選ばれています。
13532756_1101115909955619_2945815342032321057_n[1].jpg今回のツアーでは、ハヤチネウスユキのほか、ナンブトラノオ、ナンブトウウチソウ等の固有種や、様々な高山植物を観察したいと思います。 遠野は、柳田國男の遠野物語のもととなった町であり、河童や座敷童子などが登場する「遠野民話」で知られています。 遠野物語とは、岩手県遠野市に伝わる民話、民俗学者の柳田国男がまとめた説話集で、雪女、川童(カッパ)、山姥などの妖怪の話、カクラサマ、オシラサマ、ザシキワラシなどの神様の話などが載っています。今回のツアーでは、いろいろな妖怪や神様がいると言われている場所を巡ります。
●スケジュール 2016年8月5日〜7日(2泊3日)
8月5日:午後8時 東京駅集合 午後8時20分出発 ⇒盛岡到着11時31分⇒宿泊場所へ
8月6日:午前5時出発 午前6時丘駐車場発⇒小田越登山口午前6時30分⇒山頂午前10時⇒下山午後1時
8月7日:遠野散策
●費用:35,000円(往復新幹線、レンタカー等代金含む)
●定員:7名 ●今回は、登山靴とレインコート(山用)は必須となります。
●参加お申し込みは、こちらからお願いします。公式HPご案内⇒
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176130309
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ