代々木八幡神社例大祭で神輿渡御を

ビーグル号の航海日誌 2015年09月24日 00:19

150923代々木八幡神社@エコカフェ.jpg秋分の日、暑さ寒さも彼岸まで、今日は気持ちの良い一日となりました。代々木八幡神社の例大祭、昨日に続き、神輿渡御といって、神霊が移された神輿を氏子各地区を巡行します。[2015年9月23日撮影:代々木上原@山崎]

神輿の担ぎ手、祭囃子や音頭を奏でるのも氏子である。子ども神輿もあって町内会は秋祭り一色です。渡御行列は簡略化されたものになっています。代々木八幡神社境内には出店がたくさん出て多くの参拝者でにぎわいを見せていました。150923代々木八幡神社B@エコカフェ.jpg150923代々木八幡神社C@エコカフェ.jpg
渡御の運行は例祭によりかなり異なり、厳かに運行されるもの、威勢よく担がれるもの、水中で担がれるもの、船渡御となるもの、などがあるそうです。行列を猿田彦が先導し、御幣、笠鉾、幟、高張提灯、太鼓などの露払い役目があって、神輿が続く。神輿には雅楽や祭囃子、音頭などが奏でられ、調子を整え盛り立てます。


関連記事(宵の大川を船渡船とともに)⇒
関連記事(代々木八幡宮の例大祭は恵みの雨に)⇒
関連記事(代々木八幡宮の例大祭は)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/164241972
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ