地球温暖化最前線!最終打合せ

⇒エコツアー 2008年06月14日 23:05

draconema_sem.jpg今日は小笠原父島の沿岸域に生息する海洋生物の調査ツアー実施の最終打合せをしました。
このツアーでは、海洋生物調査のほかセミナーを実施します。
調査リーダーは学術フェローでもある京大の白山義久先生です。
なお一般参加募集は終了しています。

温暖化ガス(CO2など)が海洋に溶け、海水を酸性化するとサンゴはもとより炭酸カルシウム(CaCO3)の殻を持つ海洋生物の成長・生存が難しくなるそうです。
海洋生物の底辺にある生物の消滅は食物連鎖の上部にある大きな魚などの生存に大きな影響を与えることになろう。

洞爺湖サミットを前に、そんなことを調査やセミナーを通じてしっかり考えるきっかけにしたい!

写真は線虫の一種(白山先生HPより)です。
誰かに似てませんか?晴れ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
小笠原の週間天気予報は晴れ!時々曇り。
最高気温30℃
最低気温24℃
楽しみですね。
Posted by 磯野 at 2008年06月17日 14:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16011830
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ