虎ノ門、豊繁稲荷神社は

ビーグル号の航海日誌 2015年07月12日 20:28

豊繁稲荷@エコカフェ.jpg地下鉄銀座線「虎ノ門駅」近くの小寶稲荷神社のある通りを南に少し行くと通りの反対側に豊繁稲荷神社が鎮座します。社殿の大きさはほぼ同じであるから、創建若しくは再建の時期は同じ頃なのであろう。[2015年7月12日撮影:虎ノ門@山崎]

総本社は京都伏見にある伏見稲荷大社、御祭り神も小寶稲荷神社と同じです。子宝や商売繁盛、五穀豊穣を祈願したのでしょう。恐らくこちらも有力者の屋敷神であったのではないかと思われます。現在では、地域の土地神様として信仰が引き継がれているのではないでしょうか。鳥居には注連縄が張られ紙垂(しで)が垂らされ、榊が供えられています。神聖な領域であること、神様との結界を意味しています。さてさて氏子は何処にいるのだろうか。周囲はオフィスビルばかりのような気もするが。。。。

屋敷社の場合は、土地とともに売買されることもあり、買主が企業の場合は、氏子に代わって神事の面倒を見るケースもあると聞きます。エコカフェの会員の中にもそんな方がいらっしゃいます。明治以来、急速に信仰心に変化が起こったため、何時しか由緒などが散逸してしまうというのもやむをえないのでしょうかね。


関連記事(太田姫稲荷神社は古を今に)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/151841360
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ