沖縄本島中北部の調査視察は

ビーグル号の航海日誌 2015年07月04日 23:47

1435876871272.jpg先週末の沖縄本島中西部北部の視察は2つの目的で実施しました。これまでに中東部南部の調査はほぼ済ませているので、時間があったら多少補足する程度の考えで進めました。[2015年6月26日撮影:浜比嘉島のひと時@阿部]

・1つ目は、沖縄本島で準備している保護センターの状況の確認と打ち合わせ
・2つ目は、エコツアー実施のためのプログラムづくりのための調査1435884509874.jpg1435878773308.jpg 

2つ目は、具体的には、やんばるの森と人びとの自然に対する価値観に触れることができるかがポイントになります。
そこで、北部に広がる亜熱帯照葉樹林の「やんばるの森」の生態系ややんばる野生生物保護センター「ウフギー自然館」など各施設による沖縄諸島に固有な生き物たちの保護活動やその展示内容を確認しました。また。1435884538117.jpg琉球の国づくりの神話が残る浜比嘉島、琉球神話の聖地「安須森」が広がる熱帯カルスト地形の大石林山などを視察しました。
南部では前に斎場御岳や久高島は訪ねているので、補足としてガンガラー谷を目指しましたが、時間の都合で中に入ることは断念しました。エコツアーは、結局のところ複数回が必要であることになりそうですね。


関連記事(池間湿原は永遠に)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/148866678
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ