アマミコゲラ(奄美啄木鳥)は地域分化が

ビーグル号の航海日誌 2015年06月05日 19:55

150414アマミコゲラ@エコカフェ.JPG奄美大島の「奄美自然観察の森」内を散策している時に偶然に見かけました。アマミコゲラです。時折、小さく短めのドラミング音が林内に響いていました。[2013年4月14日撮影:奄美大島自然体験ツアー@阿部]

アマミコゲラ(奄美啄木鳥、学名:Dendrocopos kizuki amamii )はキツツキ目キツツキ科の小型のキツツキ。奄美群島固有亜種で絶滅危惧U類(VU)。分布は奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島に及び、森林内に棲息。全長約15p、翼長8、9p、背面は全体が黒灰色、白斑紋が入り横縞状模様を生じ、腹面は白地に灰褐色の太い縦斑が入ります。また、雄では目の後に赤い羽毛が数本つく。食性は雑食で昆虫や木の実などを食します。

この仲間は地域分化が進んでおり、九州の基亜種キュウシュウコゲラのほか、亜種として北海道にエゾコゲラ、本州の中部以北にコゲラ、伊豆諸島にミヤケコゲラ、本州の近畿地方以西と四国にシコクコゲラ、沖縄本島周辺にリュウキュウコゲラ、八重山諸島にオリイコゲラが知られています。


関連記事(琉球列島の生立ちと進化の系譜)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/138187308
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ