ハカタシダ(博多羊歯)は兄弟が一杯

ビーグル号の航海日誌 2015年05月21日 21:58

150418ハカタシダ@エコカフェ.JPG小石川植物園内シダ植物展示栽培コーナーからハカタシダを紹介します。名前の由来は葉に斑入りが多く、それが博多織に似ていることにあります。[2015年4月18日撮影:小石川植物園@山崎]

ハカタシダ(博多羊歯、学名:Arachniodes simplicior (Makino) Ohwi)はオシダ科カナワラビ属の常緑性シダ植物。分布は本州関東・信越地方以西、四国、九州、国外では中国に及び、低山地の乾いた林下に自生。草丈は50pから100pほど、根茎は短く匍匐、葉柄は20pから65pほど、2回羽状複葉、葉先の頂羽片は明瞭。羽片の間隔は広く、3対から5対、最下羽片の第一小羽片が長いのが特徴。小羽片には鋭鋸歯がつき、葉脈は明瞭です。胞子嚢群(ソーラス)は中間型、包膜は円腎形で全縁、褐色から暗褐色です。

近縁種のうちカナワラビは羽片の数が多くソーラスが縁寄りで包膜が毛羽立ち、ホソバカナワラビは中間型で羽片が細く第1小花片に加え第2小羽片も長く、オニカナワラビやコバノカナワラビは長羽片が不明瞭。ミドリカナワラビは小羽片に圧着毛があります。


関連記事(イッポンワラビ(一本蕨)は)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/133017452
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ