命を育む明治神宮の森

ビーグル号の航海日誌 2015年05月02日 23:16

150502タブノキ@エコカフェ.jpg明治神宮の森づくりについてこのブログで触れたことがあり、久しぶりに短い時間であったが人通りの少ない脇道を散策をした。[2015年5月2日撮影:明治神宮の森@山ア]

今夜、Nスペで「明治神宮 不思議の森〜100年の大実験〜」と題して、100年の成果がちょうど紹介されていた。関東の原生の森が蘇ることを計画してつくられた森です。数百年もかかるところを150年で新陳代謝できる森を目指したというから恐れ入る。150502ケヤキ@エコカフェ.jpg当初、針葉樹が半数近くあったものが1割まで減じ、落葉樹も見られるが、特に照葉樹林が巨木に育っている。倒木の跡にあらわれたニッチには日差しが差し込み、林床には実生の小さな幼樹も多く見られ、森に新陳代謝が始まっている様子が見て取れるそうだ。神聖な森として参道以外は人びとの立ち入りを固く禁止してきたこと、落ち葉はすべて森に返してきたこともあり、多様な命を育んでもいる。絶滅危惧種に指定されている昆虫や淡水魚など多様な生き物が暮らしているという。

森の営みを知り尽くした知恵者の己が死した後をも想定して森の木々たちに託したメッセージを大切にしたい。エコカフェが三宅島で行っている植林活動もそうありたいと思う。


関連記事(赤城自然園の森を「明治神宮の森」に)⇒

人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/125986361
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ