旗上弁財天社はこじんまり

ビーグル号の航海日誌 2015年02月24日 20:54

150201旗上弁才天社@エコカフェ.JPG鶴岡八幡宮境内の源氏池に浮かぶ島に、旗上弁財天社が鎮座します。鎌倉・江ノ島七福神のひとつでもあります。近年、良縁・縁結びの神として親しまれています。[2015年1月31日撮影:鎌倉@山崎]

創建は承久3年(1221年)。祭神は多紀理毘売命(たぎりびめのみこと)、市寸嶋比売命(いちきしまひめのみこと)、多岐都比売命(たぎつひめのみ)です。宗像三女神といって、天照大神と素戔嗚尊の誓約により誕生したと『古事記』は伝える。150201旗上弁天社案内板@エコカフェ.JPG150201旗上弁天社@エコカフェ.JPG市寸嶋比売命は弁財天と習合。源頼朝がこの地で旗挙げし戦勝を祈願、家運長久の守護神として弁財天が現れたことから、琵琶橋の辺りにあったものを遷したと伝えられているそうです。明治の廃仏毀釈で破壊され、昭和55年(1980年)、古図をもとに社殿が復元されたそうです。祀られていた弁財天は「裸弁財天」(文永3年(1266年)作)と言って、現在は鎌倉国宝館に寄託中。弁財天は仏教の守護神でもあったのです。

北条政子が建立したと伝えられ、社殿裏手に安産を祈ったと伝わる「政子石」が祀られています。「夫婦円満の祈願石」でもあるそうな、なるほどです。


関連記事(江島神社奥津宮の八方睨みの亀と亀石)⇒
関連記事(雨に洗われる銭洗弁財天宇賀福神社)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

タグ:鎌倉
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/114216198
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ