オオマツゲゴケ(大睫毛木毛)は腹が真っ黒

ビーグル号の航海日誌 2015年02月14日 23:28

111218オオマツゲゴケ@エコカフェ.JPG京都大学フィールご科学教育研究センター附属上賀茂試験地内の高台に行くと京都の町を見下ろすことができます。利用には許可が必要です。事務所前の植え込みでウメノキゴケの仲間を見つけました。調べるとオオマツゲゴケのようです。[2011年12月18日撮影:第6回エコの寺子屋@阿部]

オオマツゲゴケ(大睫毛木毛、学名:Rimelia reticulata (Taylor) Hale et Fletcher)はウメノキゴケ科マツゲゴケ属の葉状地衣。分布は北海道、本州、四国、九州、南西諸島、国外では亜熱帯から温帯に広く、樹幹や岩上に着生。地衣の大きさは径4pから20pほど、地衣の背面は淡灰色から緑灰色でキマラ(網目模様)が入り、裂片縁に黒色のシリア(睫毛状の構造物)が多数つく。また、シリアのない裂片縁にソラリア(粉芽塊)を生ずる。ここまではマツゲゴケと同じ。異なる点は、ソラリアの生じた裂片縁の腹面まで全て黒色になることです

似ているものにマツゲゴケ、背面に裂芽を伴うチヂレマツゲゴケ、背面に裂芽に加え白点やや亀裂が入るオオチヂレマツゲゴケ、ソラリアがなく裂芽のみ生ずるマツゲゴケモドキ、シリアの生じないキウメノキゴケが知られます。


関連記事(ツブダイダイゴケ(粒橙木毛))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/113708158
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ