思い出の「チョコ電」を増穂町に

ビーグル号の航海日誌 2015年01月10日 23:46

141228山梨交通電車の車両(江ノ電に再就職)@エコカフェ(和田).JPG増穂町は山梨県中央部に位置し、平成の大合併で2010年に、鰍沢町と合併して富士川町となった。旧増穂町に「山梨交通株式会社電車の歴史」と題した看板が掲げられ、薄小豆色の古びた車両が展示してある。どことなく見たことのあるような。[2014年12月28日撮影:山梨県富士川町@和田晃]

明治から大正にかけて隆盛を誇った鉄道馬車は、大正15年に山梨交通株式会社により甲府と甲斐青柳間で電車運行が開始されたそうだ。141228山梨交通の電車の歴史@エコカフェ(和田).JPG全長20.3km、所要時間は約55分。上下線ともに30分間隔の運行、年間の利用者数は年間2、3百万人に上ったという。時代の波は早く訪れ、昭和37年に廃線、バスに切り替えられたという。当時の廃止車両のうち2両が長野県上田丸子電鉄へ引継がれ、さらに昭和46年に江ノ島電鉄に継承。「チョコ電」の愛称で親しまれたが、昭和61年に任を終え引退し、故郷に里帰りしたんだそうです。

各地域で電車が廃止され、バスに切り替えられた変遷の歴史を伝える貴重な生き証人と言えよう。何時まで、静かに語りかけ続けてくれるのだろうか。やがて人々の記憶、歴史の彼方に消えてゆく運命にあるように思われてならない。


関連記事(横須賀港の風景は!?)⇒人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/111200153
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ