薄雪舞った佐久平で

ビーグル号の航海日誌 2014年12月09日 08:40

141206コムラサキシキブ@エコカフェ.JPG週末に佐久平を訪ねました。日本列島の上空に大一級の寒気が入り冷え込みが厳しいです。多くの地域で雪に見舞われたようです。[2014年12月6日撮影:佐久平@和田晃]

佐久平では冬野菜の出荷が盛んです。ダイコン、ハクサイ、キャベツ、ほうれん草など、どれも霜が降りると甘味が増し極上の味わいを提供してくれます。時どき、佐久平を訪ねますが、どこまでも広がる田んぼや畑は都会の喧騒をすっかり忘れさせてくれます。141206佐久平@エコカフェ.JPG141206雪中のコムラサキ@エコカフェ.JPG自分自身が多くの恵みをもたらしてくれる大地と一体になってくるような錯覚さえ覚えます。

ちょうど、第21回自然観察会で教えていただいたコムラサキシキブが、雪の中、葉を落とし紫色の果実をたくさん実らせていました。餌の不足するこの季節、小鳥たちの貴重な食料になるのです。


人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

タグ:佐久平
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/106241111
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ