チョウセンイタチ(朝鮮鼬)は遺存個体群!?

⇒エコツアー 2014年12月01日 20:41

141109チョウセンイタチ@エコカフェ.JPG対馬三日目。対馬野生生物保護センターに展示されている剥製からチョウセンイタチを紹介します。日本列島がまだ大陸と陸続きであった名残をとどめる種と考えられます。[2014年11月9日撮影:対馬エコツアー@阿部]

チョウセンイタチ(朝鮮鼬、学名:Mustela sibirica (Pallas))はネコ木イタチ科イタチ属の中型のイタチ。IUCNレッドリストで経度懸念(LC)に指定。分布は対馬、国外ではユーラシア大陸北部、ヨーロッパ東部、ヒマラヤ北部からシベリア、中国、朝鮮半島、台湾に広く、住宅地や農村周辺、山麓に棲息。体型は性的二形、雄で頭胴長28pから39pほど、尾長16pから21p、体重は650gから820g(雌で25pから31pほど、13pから16pほど、360gから430gほど)、体色は山吹色でやや帯褐色、額中央部から鼻にかけ濃褐色の斑紋が入ります。食性は雑食、ネズミ類、鳥類、甲殻類、魚類を主に、果実類なども食します。繁殖期は4月から5月頃、一夫多妻、雌は5、6頭の仔を生み、仔は秋には親離れをします。

別名にシベリアイタチ、タイリクイタチとも呼ばれます。対馬の個体群を亜種とする学説もあるようです。西日本を中心に移入。在来のニホンイタチは目の周りが灰色でより小型で尾がやや短めだそうです。


関連記事(ツシマテン(対馬貂)は準絶滅危惧に)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

タグ:広域種 対馬
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/106116958
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ