マナヅル(真鶴)は越冬に

⇒エコツアー 2014年12月01日 01:51

141109マナヅル@エコカフェ.JPG対馬三日目。対馬野生生物保護センターには対馬で見られる貴重な野鳥の剥製が展示されています。佐護平野に冬季に越冬のため飛来するマナヅルもそんなひとつです。[2014年11月9日撮影:対馬エコツアー@阿部]

マナヅル(真鶴、真名鶴、学名:Grus vipio Pallas)はツル目ツル科ツル属のツルの仲間。IUCNレッドリストで絶滅危惧U類。分布は夏季に中国北東部、モンゴル北東部、アムール川・ウスリー川流域、冬季には日本、朝鮮半島、長江下流域へ南下、湿原や低地の草原などに棲息。体長は120pから135pほど、体色は灰色、頭部から喉、後頸にかけて白色。嘴基部は黒い剛毛で被われ、耳孔後方から側頸、前頸、下面にかけて濃灰色、雨覆が灰白色、初列と次列の風切の羽先は黒く、三列風切は長く白い。眼の周囲から嘴基部にかけ赤色の皮膚が裸出。虹彩は橙色、嘴は黄緑色、後肢は淡赤色や暗赤色です。食性は雑食で、魚類、昆虫、カエル、植物の茎や葉、種子を食します。産卵期は5月、2個を産卵し、雌雄交替で抱卵します。

名前の由来は「ま」が「標準的な」、「な」が「食用」を意味することにあります。越冬飛来数の多い出水平野(鹿児島県)は「ツルおよび飛来地」として告に特別天然記念物に指定されているという。


関連記事(そもそもトキ(朱鷺)とは)⇒人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

タグ:広域種 対馬
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/106103030
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ