森の探検隊、小さな秋見つけた!

⇒こどもたちと 2014年11月30日 21:29

141130コナラの葉を観察@エコカフェ.JPG曇り空、都心の森、目黒にある自然教育園で小さな森を学びました。
小さなレポーターはスーちゃんです。
森にはどんぐりが実る木がいっぱいありました。
落葉を集めて、葉っぱやどんぐりの形を勉強しました。
ノートにスケッチをすることは記念になるだけでなく、観察する目を養ううえでとても大切です。

141130どんぐりと落葉集め@エコカフェ.JPG葉っぱの縁にはギザギザがあるよね。いくつあるだろう?
葉っぱには縦に一本の線とそこから幾つもの線が葉っぱの縁に向かってでているね。
その線の先はどこにのびているのだろう?
ぎざぎざのへこんだところかな?
それともギザギザのお山ところかな?

こんな対話をするうちに子どもたちは自然と小さな観察者に育っていくんですよ!!


関連記事(子どもたちと向き合うには)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

タグ:自然教育園
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/106099629
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ