対州馬は人びとの暮らしと共に

⇒エコツアー 2014年11月27日 21:08

141109対州馬@エコカフェ.JPG対州馬は元寇の際に対馬国主であった宋氏一族の武将を載せて活躍したとも伝えられる。古く対州馬の世話や馬を利用しての運搬作業は女性の仕事とされたようです。体格は小さくおとなしい性質のため、対馬の人びとの暮らしに根付いてきたようだ。[2014年11月09日撮影:対馬エコツアー@阿部]

日本在来馬8種の中では中型と小型の中間。大高は107pから136pほど、毛色は鹿毛系、青毛系、栗毛系の順。頭部がやや大きく、141109対州馬A@エコカフェ.JPG芽は大きくて円い、き甲(首と背の境の盛り上がり)は高く長い。地形的に山道での運搬が多いため、胴幅が狭く、肢蹄が強いのが特徴です。対馬ではオイルショック前後まではどの家でも、牝馬2頭ずつ飼って、農作業や荷役と仔馬作りを交替で担当させていたという

今日ではすっかり見かけなくなってしまったが、対州馬は長崎の高台地区でも近年まで荷役に使われてきたという。近年、農業の機械化と就業人口の減少で約30頭と激減しており、絶滅の危機にあります。


関連記事(特派員澤さんからの報告)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

タグ:対馬
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/106023144
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ