2014豆腐&大豆食品フェアで染野屋さんに

ビーグル号の航海日誌 2014年11月24日 19:22

141124染野屋ブース@エコカフェ.JPG今日も静かな一日。午後から東京ブックサイトで開催中の「2014豆腐&大豆食品フェア」に出掛けました。参加無料ということもあり、大勢いの人が集い、各ブースをのぞき、熱心に説明を聞いているようでした。
会員の和田さんはご家族で来場、手作り豆腐体験教室に親子で参加していました。料理の好きな奥さまには人気ですね。子どもたちに早いうちから料理に興味を持たせることができます。料理は科学実験に似ているような気もします。

141124染野屋ブース幟旗@エコカフェ.JPG創業文久二年の「染野屋」さんのブースで豆腐セットや豆腐ヨーグルト、豆乳入りのもちもち焼そばなどを購入いたしました。染野屋の小野社長は「大豆が世界の飢餓で苦しむ子どもたちを救うことができるのではないか」と考えている。節分会の豆まきは全国的な行事。日本昔話に『大豆の神様』という、大豆が九州地方の土地の痩せた村を救う話がある。そもそも大豆は、古くから伝わる日本の習慣や神事にも数多く登場するのが興味深いですね。


関連記事(枝豆と黒豆は)⇒

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105920806
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ