小さなカワニナ(川蜷)の行進

⇒エコツアー 2014年11月22日 22:15

141108カワニナ@エコカフェ.JPG対馬二日目。鮎もどし自然公園内の瀬川本流に川岸斜面地から流れ込む小さな薄水に沿って小さなカワニナが点々と並んでいました。どうも流れの先の本流の淀みを目指しているように思えました。[2014年11月8日撮影:対馬エコツアー@阿部]

カワニナ(川蜷、学名:Semisulcospira libertina (Gould))は腹足網腔目カワニナ科カワニナ属の水生巻貝。141108カワニナ子供@エコカフェ.JPG分布は日本全土、東アジアに広く、亜熱帯域から温帯域の川、湖沼などの淡水底に棲息、渓流には少ない。成貝は殻長30o、殻径12oほど、全体的に丸みを帯びた円錐形、螺層は10階超だが殻頂は欠損しやすい。普通、3、4階に見えるという。殻は厚く、オリーブ色、淡褐色、時に色帯が付くが、鉄分付着により表面は黒色化する。食性は落ち葉、付着珪藻、デトリタスなどの有機物。繁殖期は春と秋、雌が微小子貝を300から400匹ほど産みます。ホタル幼虫の餌となるため各地でホタルのために養殖されています。

国内では古い琵琶湖・淀川水系で、適応放散による種分化が進み、ビワカワニナ種群(約15種)として知られています。小笠原諸島における陸産貝類の適応放散は典型的ですが、同じ原理なのでしょう。


関連記事(21世紀の森と広場で)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


タグ:広域種 対馬
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105858262
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ