小石川植物園とエコカフェ

ビーグル号の航海日誌 2014年11月21日 07:03

120922小石川植物園@エコカフェ.JPG小石川植物園(東京大学理学研究科附属植物園)は都心にありながら、エコカフェにとっては基礎的なフィールド活動を可能としてくれています。

@ 1684年(貞享元年)の徳川幕府開設の「小石川御薬草園」を起源とする日本最古の植物園であること
A 日本の植物学の学問・研究の中枢にあり、園内には約1800種の植物が植栽展示されていること
B 小笠原諸島に自生する140数種のうち117種を系統保存し、うち指定希少種8種と独自選定種4種の保護増殖事業に取り組んでいること

指定希少種:ムニンツツジムニンノボタン、タイヨウフウトウカズラ、ウラジロコムラサキコバノトベラホシツルラン、シマホザキラン、アサヒエビネ
独自選定種:ウチダシクロキ、コヘラナレン、シマカコソウ、ヒメタニワタリ


関連記事(エコカフェ草花教室のねらい)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105809968
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ