和多都美神社は神代にいざない

⇒エコツアー 2014年11月18日 08:00

141108和多都美神社正面鳥居@エコカフェ.JPG対馬二日目。神々の島、第二弾は豊玉町仁位浅茅湾東岸にある海宮(わだつみのみや)、和多都美神社です。創建は不詳、貞観元年(859年)に清和天皇から従五位上の神階を賜る。古くから竜宮伝説が残り、神代の昔、この地に海神である豊玉彦尊が宮殿を造り、「夫姫(おとひめ)」と名付けたという。鳥居が5つあり、うち2つは海中にあり、神秘的な世界を創っています。[2014年11月8日撮影:対馬エコツアー@阿部]

主祭神は彦火々出見尊(ひこほほでみのみこと)と豊玉姫命(豊玉彦命の二女で伊弉諾尊と伊弉冉尊の孫娘)の夫婦神。141108和多都美神社海方向鳥居@エコカフェ.JPG大潮になると潮が神殿近くまで達し、豊玉姫命と彦火々出見尊の出逢いに由来する「玉の井」や磯良恵比寿の御神体などが鎮座。豊玉姫命は豊玉彦尊の娘、神武天皇の祖母。『古事記』では、海幸山幸伝承に登場する女神。航海の守護神として人びとから深く信仰。ある時、彦火々出見尊が失った釣り針を探し、この宮に3年滞在、豊玉姫命を娶り妻としたと伝承。本殿裏手の海宮山には照葉樹林の原生林が広がり、一角に古く斎場であったと思しき磐座があり、その手前に戦後に造られた「豊玉姫命の墳墓(御陵)」の壇があります。

九州には式内社は107社あるが、なんと対馬に29社、壱岐に24社が集中しているそうです。古神道の流れをくむ古い神々が多く鎮座していることが分かります。ならば、古代の人びとの世界観を学ぶにはうってつけの地と言えるのでしょう。


関連記事(元興寺にどうしても)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

和多都美神社の解説と構図
141108和多都美神社解説版@エコカフェ.JPG141108和多都神社配置図@エコカフェ.JPG
 2015.9.27追記






四ノ鳥居(海側から4番目)にある手水舎・土俵と五ノ鳥居脇の狛犬
141108手水舎と土俵@エコカフェ.JPG141108海から5番目の鳥居@エコカフェ.JPG
 2015.9.27追記






141108狛犬阿形@エコカフェ.JPG141108狛犬吽形@エコカフェ.JPG







◎和多都美神社境内の参道左側の浅瀬にある三柱鳥居内にある「磯良恵比須の磐座
141108磯良えべす@エコカフェ.JPG
 解説板には、鱗状の亀裂が見られる岩は今もなお神聖な霊場として祭られている。これを磯良の墓とした伝説があるが、これは社殿が営まれる以前の古い祭祀における霊座か、それとも御神体石だったのではないかと思われる、とある。磯良は海の神で豊玉姫命の子。恵比須は七福神の一つ、漁業の神、恵比須神の総本社西宮神社の祭神である蛭子大神(伊弉諾と伊弉冉の一子)と同一視。いつしか磯良と恵比寿神が習合したのだろう

 関連記事(恵比寿神社の由緒は)⇒

 2015.9.27追記

◎社殿脇にある豊玉彦の磐座とその奥にある御神木の松
141108御神木@エコカフェ.JPG141108豊玉彦墳墓@エコカフェ.JPG
 三柱鳥居の起源については諸説があるが、よくわかっていないようだ。

 2015.9.27追記
タグ:対馬
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105713890
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ