子どもたちと向き合うには

⇒こどもたちと 2014年11月16日 18:57

141115ランチ@エコカフェ.JPG第21回自然観察会は檜原村にある甲州古道が取り付く標高800m前後の尾根筋を散策しながら秋を観察した。秋は紅葉だけではない。天気さえ良ければ、澄んだ空気に、手入れされたスギの植林地の心地良い森林欲も堪能することができる。今回は、そんなチャンスに恵まれました。[2014年11月15日:第21回自然観察会@阿部]

一行の中には2組の親子が参加、4年生の女の子と6年生の男の子。2組親子はともに初めての参加、もちろん、初めて知りあう中、大人たちも距離感はいろいろ。141115緊張の一こま@エコカフェ.JPG目的ははっきりしているが、楽しく達成するためにどう進行させるかが、リーダー、サブリーダーの重要な役割となります。今回は、リーダーを含む3名が大遅刻のハプニング発生の中、山崎をリーダー、阿部をサブとして出発。コミュニティビルディングのポイントは、会話を中心に組まれます。まず、払沢の滝で全員で記念写真、なぜ紅葉するかの学び、極めつけはお弁当タイムでした。お菓子の分け合いは心の壁を一気に取り去ったようです。

説明や解説は、難しいことは避け、当たり前のことでも面白く興味が持てるように説明するよう努めることが大切です。特に、子どもたちの記憶に印象付けるためには、一人ひとりの興味や関心を歩きながら聞き出し、その延長線上で自然を主人公にストーリーづけることが効果的なのだと思います。


関連記事(こどもたちと草原の風)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


タグ:自然観察会
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105660977
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ