オヤビッチャ(親美姫)は美しい

ビーグル号の航海日誌 2014年10月27日 22:06

111126オヤビッチャ@エコカフェ.JPG三宅島の埠頭で釣り三昧。植林や下草刈りボランティアに参加した時に自由時間を使って海釣りをするメンバーもいらっしゃる。ムロアジ釣りが目的だが、地元ではネコマンマ(猫飯(ねこまんま))と呼ばれているオヤビッチャがよく釣れてしまう。美しいボディだが、雑魚として扱われ、猫に食わせる程度の魚という。[2011年11月26日撮影:第3回エコカフェみんなの森づくり@阿部]

オヤビッチャ(親美姫、学名:Abudefduf vaigiensis (Linnaeus))はスズキ目スズメダイ科オヤビッチャ属の海水魚。111126今村君@エコカフェ.JPG分布は千葉県以南、インド洋から西太平洋にかけての温暖な地域に広く、水深20mまでの沿岸の岩礁やサンゴ礁などに棲息。体長は約20p、体色は灰色の地に背中が黄色を帯び、体側に黒色の縦縞5本が入ります。食性は雑食性、動物質を好む。求愛期には地色は青色を帯びます。産卵は垂直の岸壁で行い、雄が卵を守るという。幼魚は流れ藻について表層で暮らします。

名前の由来は、成魚(親)になっても赤ん坊を意味する「びっちゃ」にように小さいからとする説、沖縄方言の綾が走るを意味する「アヤビッチ」が転訛したとする説などがある。三宅島では雑魚扱いですが、九州や沖縄地方では惣菜魚として、煮付けやフライにして食するそうです。地方によって名前もいろいろあるという。


関連記事(スジクロハギ(筋黒剥)はわが物顔で)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104972818
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ