コムラサキシキブ(小紫式部)は小さい

ビーグル号の航海日誌 2014年10月21日 22:30

141013コムラサキシキブ@エコカフェ.JPG八王子の丘陵地の石垣脇に植栽されたムラサキシキブ。よく見ると葉の鋸歯が上部半分にしかついていないこと、果実が小さめなこと、からコムラサキシキブとします。別名にコムラサキ、コシキブともいうが、園芸品種かもしれません。[2014年10月13日撮影:八王子@山崎]

コムラサキシキブ(小紫式部、学名:Callicarpa dichotoma (Lour.) K.Koch)はシソ目クマツヅラ科ムラサキシキブ属の落葉低木。分布は本州岩手県以南、四国南部、九州南部、沖縄、国外では台湾、朝鮮半島、中国南部、ベトナムに及び、山麓の湿地や湿った草原に自生。樹高は1mから2mほど、枝が弧を描くように伸び、星状毛が生えるがやがて脱落。葉は十字対生し、葉身は倒卵状楕円形、ムラサキシキブと異なり葉縁の上部半分にのみ鋸歯、葉先は尾状に尖ります。葉両面ともに無毛です。花期は6月から8月頃、葉腋よりやや上部から集散花序をだし、淡紅紫色の花をたくさん(10個から20個)咲かせます。花冠は4裂、雄蕊4本、雌蕊1本、共に花冠の外に突き出るのが特徴です。果実は径約3oの球形の核果、紫色に熟します。

コムラサキシキブは、概して、ムラサキシキブより小型であるといえます。他にもオオムラサキシキブ、コバノムラサキシキブ、シロシキブが知られます。興味深いことに、小笠原諸島でシマムラサキウラジロムコラサキオオバシマムラサキの3種に種分化し、それぞれ見事に環境適応しています。


関連記事(伊豆諸島の植生の特徴を斬る)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


◎会津下郷大内宿の下野街道脇で見た果実をたくさんつけるコムラサキシキブ[2014年11月1日撮影:会津訪問@阿部]
141101コムラサキシキブ@エコカフェ.JPG141101コムラサキシキブ果実@エコカフェ.JPG
 2014年11月2日追記
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104800973
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ