気温が上がり活動が活発に!

ビーグル号の航海日誌 2014年10月19日 22:38

140804マダガスカルホシガメ@エコカフェ.jpg絶滅危惧種保護センターからの2014年度8月のリクガメレポートです。奄美大島はマングローブの北限でもあり、山に入れば亜熱帯照葉樹林が広がっています。今年の夏も秋も大きな台風が襲来し、そのたびに大変でした。遅れ気味のレポートです。[8月24日詳細レポートはこちら⇒

マダガスカルホシガメたちは気温26℃から30℃ではよく食べ活発に活動をします。交尾する個体も見られます。暑い日中は木陰で休むのが日課でもあります。140804コキサカオウム@エコカフェ.jpg
コキサカオウムも盛んに大きな声でおしゃべりするようになっています。ルリカケスやリュウキュウアカショウビンの鳴きまねもしてくれます。

by 絶滅危惧種保護センター長 勝島


関連記事(梅雨明けが遅れ気味で)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104750595
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ