コシアブラ(漉油)は越油とも

ビーグル号の航海日誌 2014年10月18日 16:45

110723コシアブラ@エコカフェ(芦生公開講座) .jpg京都大学フィールド科学教育研究センター附属芦生研究林内を散策中にコシアブラを教えていただいた。若い芽は樹木系の山菜としてはタラノキと双璧をなします。名前の由来は幹から樹脂を採取して漉したものを油塗料「金漆」として利用したことにあるというが、「越油」とする異説もあるようです。[2011年7月23日撮影:芦生公開講座2011@阿部]

コシアブラ(漉油、学名:Eleutherococcus sciadophylloides (Franch. et Sav.) H.Ohashi)はウコギ科ウコギ属の落葉高木。日本固有種。分布は北海道、本州、四国、九州に及び、山地の林内に自生。樹高は5mから20mほど、樹皮は灰褐色か灰白色で楕円形の皮目が散在、葉は互生しやや薄く、葉柄は長く、葉身20pから40pほどの掌状複葉で小葉5枚、小葉は倒卵状楕円形で芒状鋸歯、葉先は細く尖り、頂小葉はとりわけ大きい。葉表は光沢があり、葉裏は帯白で脈腋に縮毛が残ります。花期は8月から9月頃、本年枝の先に集散花序をだし、黄緑色の小花をたくさん咲かせます。花弁5枚は反り返り、雄蕊5本、雌蕊花柱は短く2浅裂。果実は径4oほどの扁平な球形の液果、秋に黒紫色に熟します。

秋の落葉前に、葉の葉緑素が抜けて、半透明のような白色になるそうです。森は不思議が一杯で実に飽きませんね。


関連記事(芦生公開講座「今、森から考える−生態学からみる、森と地球と私たち−」のご案内)⇒

人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104718578
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ