高山植物の魅力(137)、イワノガリヤス(岩野刈安)

ビーグル号の航海日誌 2014年10月11日 14:34

140913イワノガリヤス@エコカフェ (2).JPG南アルプス北端に位置する入笠山(標高1955m)南東山麓にある大阿原湿原。「長野県版レッドリスト(植物群落)2014」で「イワノガリヤス群落・ミズゴケ群落複合」に指定されています。ここではイワノガリヤスを紹介します。[2014年9月13日撮影:入笠山事前調査@山崎]

イワノガリヤス(岩野刈安、学名:Calamagrostis langsdorffii (Link) Trin./ Calamagrostis purpurea ( Trin.) Trin. subsp. langsdorfii (Link) Tzvelev.)はイネ科ノガリヤス属の多年草、単子葉類。140913イワノガリヤス@エコカフェ.JPG分布は北海道、本州中部地方以北、四国、国外では東北アジア、カムチャッカ半島に及び、高山や亜高山、北方の寒冷地の湿地や草地に自生。草丈は80pから120pほど、根茎からランナー(走出枝)を出し、茎は直立しやや太く硬い。葉は灰緑色で葉裏がざらつき、葉身10pから25pほどの線形。花期は7月から9月頃、長さ10pから25pほどの楕円状の円錐花序をだし、淡緑色の長さ3oから5oほどの1小花からなる小穂を密生、小穂の護穎の芒は包穎外にはでず、包穎は微細な突起毛を密生させます。

ノガリヤス属には、世界に約150種、日本にはノガリヤスヒメノガリヤス、タカネノガリヤス、ヤマアワなど17種が知られます。


関連記事(高山植物の魅力(136)、ヤナギラン(柳蘭))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104470257
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ