チダケサシ(乳茸刺)は耐陰性

ビーグル号の航海日誌 2014年10月09日 07:17

140913チダケサシ@エコカフェ.JPG南アルプス北端に位置する入笠山(標高1955m)山麓にある「花園」という妨獣柵に囲まれ管理されたお花畑では多様な湿生植物や草原植物をみることができます。花には季節遅れですが、チダケサシは果実を実らせつつありました。[2014年9月13日撮影:入笠山事前調査@山崎]

チダケサシ(乳茸刺、学名:Astilbe microphylla Knoll)はユキノシタ科チダケサシ属の多年草。日本固有種。分布は本州、四国、九州に及び、暖温帯中部から冷温帯のやや栄養分の多い湿地や林縁、水田の畔、溜池畔、湿った草地などに自生。草丈は40pから80pほど、根茎は太く斜上、根出葉や僅かに互生する茎葉は、2回奇数羽状複葉から4回奇数羽状深裂、小葉は葉身2pから4pほどの楕円形か倒卵形で不揃いの重鋸歯、葉先は鈍頭(稀に鋭頭)。花期は6月から8月頃、花茎を伸ばし、茎頂に細長い円錐状の花序(複総状花序)をつけ、花序分枝の間隔が開き、側枝は短く、白色の小花を密に咲かせます。茎や伸びた花軸、葉柄などには淡褐色の腺毛が密生、花は径6oから10oほど、萼裂片5枚は緑白色で楕円形、花弁5枚は帯淡紫色で線状さじ形。雄蕊10本は花弁より短く、葯は成熟に従い淡紅色から青紫色に変化、雌蕊は先が2裂。果実は長径3、4oの刮ハです。

名前の由来は長い花茎にチチタケ(乳茸)というキノコを刺して持ち帰ったことにあります。近縁種にアカショウマハナチダケサシトリアンショウマなどが知られます。



関連記事(高山植物の魅力(113)/ヤマブキショウマ(山吹升麻))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104347580
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ