ツリガネニンジン(釣鐘人参)はかわゆい

ビーグル号の航海日誌 2014年10月07日 20:51

140913ツリガネニンジン花@エコカフェ.JPG南アルプス北端に位置する入笠山(標高1955m)北東山麓にある入笠湿原やその上部に広がるお花畑「花園」は鹿や猪の食害から守られているため、多様な植物の花を愛でることができます。ツリガネニンジンもそんなひとつです。[2014年9月13日撮影:入笠山事前調査@山崎]

ツリガネニンジン(釣鐘人参、学名:Adenophora triphylla (Thunb.) A.DC. var. japonica (Regel) H.Hara)はキキョウ科ツリガネニンジン属の多年草。分布は北海道、本州、四国、九州、国外では樺太に及び、山地の草原や林縁、草刈管理された河川堤防などに自生。草丈は40pから100pほど、茎葉は3枚から5枚ほどが輪生、稀に互生や対生、葉身4pから8pほどの楕円形で葉縁に鋸歯。根出葉は長い柄を持ち心円形、花期には消えます。花期は8月から10月頃、淡紫色の鐘形の花を互生または輪生、細長い柄の先に下向きに咲きます。花冠は長さ15oから20oほど、先が5浅裂、花柱は花冠からよく突き出る。萼裂片は線形、辺縁に疎らに鋸歯。果実は刮ハ、わら色に熟し、上部が裂開し、種子を少しずつ散布させます。

変異の多い種であって、基本変種サイヨウシャジンのほか、変種に高山型のハクサンシャジン、四国の蛇紋岩地帯のオトメシャジンが、また近縁種としてはソバナやフクシマシャジンなどが知られます。


関連記事(ソバナ(岨菜)はブナ帯で清楚に)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104298303
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ