ヒメノガリヤス(姫野刈安)は傾斜地に

ビーグル号の航海日誌 2014年10月03日 22:43

140913ヒメノガリヤス@エコカフェ.JPG南アルプス北端に位置する入笠山(標高1955m)の北東山麓ゴンドラ山頂駅からアプローチする入笠湿原入口の柵から湿原までの斜面地でヤマドリゼンマイとともに多く見られるヒメノガリヤスを紹介します。[2014年9月13日撮影:入笠山事前調査@山崎]

ヒメノガリヤス(姫野刈安、学名:Calamagrostis hakonensis Fr. et Sav./Deyeuxia hakonensis (Franch. et Sav.) Keng)はイネ科ノガリヤス属の多年草。分布は北海道、本州、四国、九州、国外では中国、ロシアに及び、山地の渓谷の岩場や斜面地に自生。140913ヒメノガリヤス@エコカフェ.JPG草丈は25pから75pほど、茎は直立し叢生、大きな株を形成。葉は基部で捩れ、表裏が逆さ、葉身20pから30pほどの線形、葉鞘の口部は広がり耳状、その背面には短毛が生えます。花期は7月から10月頃、長さ10pから18pほどの円錐花序をだし、各節に枝を2本ほどだし、淡緑色か帯淡紫色の小穂を疎らにつけます。小穂は長さ4o前後で1小花、柄に小刺、苞頴は小花よりやや長く、芒は護穎の基部から伸びるが小穂を超えることはないという

ノガリヤス属は日本ではヒメノガリヤスをはじめタカネノガリヤス、ホッスガヤ、ヤマアワ、イワノガリヤス、ノガリヤス、ヒゲノガリヤス、オニノガリヤスなど15種が知られます。稈、苞穎、芒などの様子で区別するそうです。


関連記事(ノガリヤス(野刈安)はあちこち)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104181267
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ