セイタカシケシダ(背高湿気羊歯)は湿気好き

ビーグル号の航海日誌 2014年09月29日 23:22

121117セイタカシケシダ@エコカフェ.JPG江ノ島の江島神社境内の断崖下の林縁で見られるシダ植物の中からセイタカシケシダを紹介します。この仲間の分類も難しいのですが、外形的特徴からそうさせていただきます。[2012年11月17日撮影:第14回自然観察会@山崎]

セイタカシケシダ(背高湿気羊歯、学名:Deparia dimorphophylla (Koidz.) M.Kato/Deparia lasiopteris (Kunze) Nakaike)はイワデンダ科オオシケシダ属の夏緑性シダ植物。分布は本州東北地方南部以南、四国、九州、国外では朝鮮半島、中国に及び湿った林床などに自生。121117セイタカシケシダ胞子のう群@エコカフェ.JPG草丈は40pから80pほど、根茎は長く地中を匍匐、葉柄は緑褐色で鱗片は淡褐色の披針形。葉はやや2形、葉は帯灰青色でやや厚い革質、葉身は卵状三角形の単羽状複葉、上部が次第に細くなり尖る。胞子葉は柄が長くより厚い。葉の表裏、中軸、羽軸に毛が生えます。羽片は軸に直角につき、狭長楕円形で鋭頭、脈状に疎らに毛、裏面脈上にも短毛。羽片は中裂から深裂、裂片は長楕円形で辺縁はやや波状(若時は内側に巻き込む)で鈍頭。ソーラス(胞子嚢群)は線形で中肋に接してつき、苞膜は多毛です。

近縁種に裂片先が切形で中軸と羽軸に毛が密生するムクゲシケシダ、裂片の辺縁が毛状に細裂するナチシケシダ、葉が2形ではなく羽片が斜上するシケシダ、羽片が短く包膜が無毛のホソバシケシダが知られます。


関連記事(ホソバイヌワラビ(細葉犬蕨)は毛達者)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104041040
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ