堤清二/辻井喬 オマージュ展は何を、

ビーグル号の航海日誌 2014年09月28日 17:25

140927オマージュ展@エコカフェ.JPG辻井喬さんとは、子どもたちと自然、森をどう考えるという点に関し、赤城自然園の未来を舞台に何度か意見の交換をしたことがある。現在の「赤城自然園」に想いが継続されていかは、もはや知る必要はないだろう。今の運営に携わっれいる人たちが考えるべきことだから。今年、2月26日にお別れ会に参列させていただいたこともあり、故人のオマージュ展のご案内をいただいた。9月28日が最終日とのご案内だったので、再開すべく心をあわせた。

140927セゾン現代美術館プロムナード@エコカフェ.JPG140927眩光の向こうに@エコカフェ(軽井沢).JPGセゾン現代美術館、軽井沢町の長倉芹ヶ沢という少し中心から離れた清流が流れる静かな木立の中に佇んでいる。門は重厚な鉄の扉、プロムナードの先には桂の木が綿菓子を焦がしたような独特な芳香を漂われていた。館内にはよく知られたクレーやカンディンスキー、ポロックをはじめげんだいを代表する作家たちの作品が展示されていた。「如何に生きるか、生かされるのか」故人が耳元で囁いているような錯覚を覚える。「何のために」「なぜ」とたたみかけてくる。現代人はあまりに忙しすぎる。そのため目先のことばかりに振り回されている。もっと、もっと、手前のところで精一杯になってしまっている。誰かがやらなければならないだろう。再会は笑顔で溢れていた。眩しいほどの陽光に誘われて。


関連記事(追悼、辻井喬(堤清二)翁)⇒
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104010153
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ