シシウド(猪独活)は生薬に

ビーグル号の航海日誌 2014年09月22日 23:38

140913シシウド@エコカフェ.JPG入笠湿原から入笠山(標高1955m)に向かう「花園」など湿原周辺でもたくさんの高山植物の花をめでることができます。そんな中にシシウドも点在していたりします。もっとも山中林縁でも目にすることができますが、特徴からオオバセンキュウと見違えることはないでしょう。[2014年9月13日撮影:入笠山事前調査@山崎]

シシウド(猪独活、学名:Angelica pubescens Maxim.)はセリ科シシウド属の大型の一稔性多年草。日本固有種。分布は本州(関東・中部・近畿・中国地方)、四国、九州に及び、山地の斜面ややや湿った場所に自生。140913シシウド花@エコカフェ.JPG草丈は1mから2mほど、茎は太く直立し、中空で有毛、上部で分枝します。葉は互生し、2、3回羽状複葉、小葉は葉両面に毛が生え、葉身5pから10pほどの長楕円形で葉縁に鋸歯、先は急に尖ります。頂小葉の基部は翼状に流れるのが特徴。葉柄基部の鞘は袋状で茎を抱き、小枝の先では若い花序を包む。花期は8月から11月頃、茎先や枝先に複散形花序をだし、白色の花弁が内側に曲がった5弁花をたくさん咲かせます。雄蕊5本、雌蕊花柱1本。花序の柄の長さは3pから18pと不揃いで、総苞片も小総苞片もつかないのが特徴果実は長径6oから10oほどの広楕円形で2個の分果が向き合い、両側に広く薄い翼がつきます。開花までに数年を要し開花すると枯れます。

名前の由来はウドに似ているが猪の餌になるしかないことにあるそうです。太くごつごつした直根を乾燥させたものを生薬「独活(どくかつ)」として頭痛やリューマチ、神経痛、冷え症に効くとしています。


関連記事(高山植物の魅力(104)/ミヤマシシウド(深山猪独活))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103854610
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ