ヒガンマムシグサ(彼岸蝮草)は早咲き

ビーグル号の航海日誌 2014年09月18日 23:11

120407ヒガンマムシグサ@エコカフェ (2).JPG房総半島中南部の鋸山山中で見かけたテンナンショウの仲間。調べると葉が展開する前に花が咲くことから、房総に多いヒガンマムシグサであるようです。名前も春の彼岸頃に咲くことに由来します。 [2012年4月7日撮影:第12回自然観察会@山崎]

ヒガンマムシグサ(彼岸蝮草、学名:Arisaema undulatifolium Nakai)はテンナンショウ科テンナンショウ属の多年草。日本固有種。分布は本州関東地方以西、四国、九州に及び、山地の明るい林床に自生。草丈は30pから60pほど、葉は2枚で鳥足状に7片から13片の小葉が展開。小葉は線形から広楕円形、中肋に沿って白斑が入ります。花期は3月から5月頃、花茎を伸ばし、葉展開前に茎頂に紫褐色から緑紫色の仏炎苞をつける。筒部の長さ3pから6.5pほど、口辺部は狭く耳状に開くことがある。付属体は径2oから5oほどの棒状で先はやや膨らむという。

ヒガンマムシグサはナガバマムシグサとも、変種にやはり早咲きのミミガタテンナンショウが知られるが、口辺部が張出す形状(耳形状)になるのが特徴で全体的にやや大きいそうです。


関連記事(マムシグサ(蝮草)の不思議)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103742145
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ