三寒四温、タンカンの季節に

船長からのお知らせ 2014年09月01日 20:04

140225マダガスカルホシガメ産卵@エコカフェ.jpg絶滅危惧種保護センターからの2013年度2月のリクガメレポートです。レポート掲載が遅れていてすみません。[2月25日詳細レポートはこちら⇒

奄美は、少しずつ暖かい日がでてきて季節の変わりめと実感しています。島はタンカンの収穫を迎えています。

この時期にしてはめずらしく暖かい日がつづき温度も上がり、140225コキサカオウム@エコカフェ.jpgマダガスカルホシガメたちは久しぶりに動き回っていて餌の方も食べて残りが少ししか残こしていませんでした。そんな中この時期に 1頭のカメが 4個の卵を産卵しました。また、コキサカオウムのほうは、最近は巣箱をかじる事が多くなりついには止まり木までかじりだし細くなっていました。


by 絶滅危惧種保護センター長 勝島


関連記事(緋寒桜の季節は日だまりも)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103058121
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ