寒さの中で活動は鈍ります

船長からのお知らせ 2014年05月10日 17:32

131229ホシガメ@エコカフェ.jpg絶滅危惧種保護センターからの2013年度12月のリクガメレポートです。レポート掲載が遅れていてすみません。[12月29日詳細レポートはこちら⇒

奄美は,寒い季節になり、季節が変わったと実感しています。
島の植物は紅葉はしませんが、道端の草花が少なくなり蜘蛛があちこちに巣をはり季節が変ったんだなと思い、またこれからの時期はまた違った島の顔が見られのではと思います。
131229コキサカオウム@エコカフェ」.jpgマダガスカルホシガメたちは一日じっとしている事が多くなり食べる餌の量も減ってきていて全く食べない日もありこの季節のカメは暖かい日にしか活動をしない事もあり何処か寂しく感じます。

コキサカオウムは2羽とも寒さに負けないくらい元気に仲良く過ごしています。
時折奇声などあげ騒がしくもありますが、前と比べて落ち着いていて変わったなと感じています。

春が待ち遠しいです!


by 絶滅危惧種保護センター長 勝島


関連記事(寒い季節の到来in奄美大島)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102923393
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ