高山植物の魅力(132)、シロバナコマクサ(白花駒草)

ビーグル号の航海日誌 2014年07月14日 00:23

130707シロバナコマクサ@エコカフェ.JPG白馬五竜高山植物園でみたコマクサの中に白色の花を咲かせているものがあった。シロバナコマクサといい、淡赤色のコマクサの花に混じって稀に咲くという。北海道では絶滅危惧(VU)に指定されています。[2013年7月7日撮影:第16回自然観察会@阿部]

シロバナコマクサ(白花駒草、学名:Dicentra peregrina f. alba)はケシ目ケマンソウ科コマクサ属の多年草。分布は北海道、本州中部地方以北に限り、高山帯の砂礫地に稀に自生。日本固有種でコマクサの白花品種。草丈は5pから15pほど、根は砂礫中を走り、葉は2回3出複葉、小葉は細裂。花期は7月から8月頃、茎先に長さ2.5pほどの白色の花を咲かせます。花弁4枚、内側2枚はやや小さく中央がくびれ上端で合着し突出、外側2枚は下部が膨れて先が反り返ります。雄蕊6個、萼片2枚。果実は長さ約1.2oの刮ハです。

かつてコマクサは薬草「御百草」の原料のとされたため、ずいぶんと盗掘され数を減らしたという。現在は、多くの自生地で保護が図られているそうです。

関連記事(高山植物の魅力(131)、オノエイタドリ(尾上虎杖))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101660197
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ