エコカフェの自然観察会のねらい

⇒自然観察会 2014年07月11日 00:30

130707コバイケソウ@エコカフェ.JPGエコカフェでは年に3回程度、「自然観察会」と称して、海岸、河畔、渓流沿い、湿原、森林、低山や高山などの植生を観察する機会を提供しています。森は生きていて留まることを知らず四季の変化を超えて常に変化しています。

そのねらいは、時間と空間がクラッシュし、バーチャル空間が拡大し、社会経済システムが見えにくくなってきている現代において、人間力(物の本質を見抜き創造する力、体内バランス力)を回復することにあります。つまり、ウォーキングをして汗を流し、140531照葉樹林@エコカフェ.JPG森にあふれるフェトンチッド、マイナスイオンなどの活性化物質による森林浴でリラグゼーション(森林セラピー)を心身ともに健康を回復すること、自然界の新陳代謝(世代交代)や植物たちの棲み分け、生存戦略、進化過程などを学ぶことで、生き物たちの本質を知り、生き物たちの未来を見据える(予測する)姿勢を習慣づけること、です。

便利になった分だけ、貨幣経済に飼い慣らされ、その欲望の奴隷になってしまっていませんか。生かされるから生きるへ、共に生きるへ、意識を変えることです。


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101589487
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ